【Proじゃない方】AirPods買いました。【今更?】

4 min
AirPods

僕はヘッドフォンやイヤホンを
あまり使わない人です。

昔、
ワイヤレスイヤホンなんかがない頃、
それこそiPod nanoなどの
音楽プレイヤーを使うときに
使用していたくらいで、
それも付属のイヤホンでした。

社会人になってから
音楽をそこまで聴かなくなった、
というのもありますが、
音楽を聴く時も
イヤホンを使うような環境では
聴かない
部屋でそのまま流す感じなので
必要なかったのです。

最近MacApple Watchなどを
使うようになって、
連動機能で改めてiPhone
使う頻度が上がって、

イヤホンあった方が良いな

宴太<br>(えんた)

宴太
(えんた)

と思い直してまして。

買いました、AirPods

猿太<br>(えんた)

猿太
(えんた)

またしてもApple
AirPods Proではないのか?

上で書いたような
元々そんなに
サウンドに
こだわりのある人間ではないので
いきなり3万円以上する
イヤホン買うのはちょっと…

今回は、初心者の入り口、
体験版として
Proではない方の
AirPodsにしました。

created by Rinker
¥18,300 (2020/10/31 02:40:58時点 楽天市場調べ-詳細)

AirPodsの良いところ

AirPodsを買って良かったのは

  • Apple関連の商品と繋げやすい
  • コードレスなので
    再生機器との距離が関係ない
  • 充電が手軽
  • iPhoneとの連動
  • Apple Watchとの連動
  • Macとの連動

大体こんな感じでしょうか。

猿太<br>(えんた)

猿太
(えんた)

Apple色が強いな。

Apple関連商品に繋げやすい

iPhoneの近くで
ケースの蓋を開くだけで繋がります。

Macの場合、一回登録したら
画面上メニューのBluetoothアイコンから
すぐにオン/オフの切り替えができます。
Magic Mouse2等と同じ)

これでたとえば
iPhoneからMac
接続を切り替える場合、
Mac画面のアイコンから
Macへの接続をオンにすれば
すぐ切り替わります。

Apple Watchは腕に巻いた状態で
耳に着けると
すぐに繋がりました。

他のワイヤレスイヤホンは
わかりませんが、

ストレスフリーで
かなり使いやすいです。

猿太<br>(えんた)

猿太
(えんた)

同じ会社の強み。

ワイヤレスの開放感

よし、使おう
となった時、
体感では
有線のイヤホンを
繋いで耳に挿すより
速いです。

また、ワイヤレスということは
接続機器との距離が
ほぼ関係ないので

そこもストレスフリーで
楽です。

iPhoneや
携帯型音楽再生機器の場合は
その部分は有線でもあまり
気にならないかもしれませんが
たとえば、
Mac(パソコン)で使う場合、
姿勢に制限がありません。

コードを意識することなく
自由に動くことができます。

猿太<br>(えんた)

猿太
(えんた)

開放感があるな。

充電が手軽

持ち運ぶ際、
ケースに入れている間は
充電している状態になります。

充電ケースへの収納もスムーズで、
ちょうどApple Watchの
充電器のように
ピッタリくっつく感じで、
スルッと収納されます。

猿太<br>(えんた)

猿太
(えんた)

意識して差し込んで
収納する感じではない。

僕が使っているケースは
ワイヤレスタイプではないので、
ケースを充電する場合は
iPhoneの充電と同じく
ライトニングケーブルで
充電していますが、
買って1カ月くらい経ちますが、
電池切れで使えない、
といった状態になったことは
一度もないです。

ちなみに
オフィシャルの発表では
最大連続使用時間は
5時間となっています。

(AirPodsProは4.5時間)

他のApple製品との連動

Apple Watch
ミュージックアプリを使う場合、
Bluetoothイヤホンがないと
使用できないので、
Apple Watchを使って音楽の再生、
制御をしたい場合は
Bluetoothイヤホンが必須になります。

一応、Bluetoothイヤホンなら
何でも良いと思いますが、
AirPodsだと接続も簡単で
ストレスなく繋げられます。

Apple Watchでは
通話も行えるのですが、
イヤホンなしの状態で
通話アプリの着信を取ると、
Apple Watch本体から
相手の声が聞こえ、
そこに話す形で通話します。

猿太<br>(えんた)

猿太
(えんた)

通話丸聞こえ。

iPhoneでいうところの
スピーカー状態で通話しているような
感じでしょうか。

AirPodsなどのBluetoothイヤホンを使うと
相手の声がイヤホン側から聞こえるので
会話がダダ漏れ、という状態を
回避することができます。

AirPodsのバッテリー残量も、
iPhoneのホーム画面で
AirPodsと充電ケースの
バッテリー残量が確認できます。

ホーム画面で
こんな感じで
確認できます

方法もカンタンで
iPhoneに近い距離で
充電ケースのフタを開くだけ。

Macの場合、
デスクトップ上部のツールバーに
表示されるBluetoothアイコンから
AirPodsを選択すると
バッテリー残量も見られます。

こんな感じでわかります
猿太<br>(えんた)

猿太
(えんた)

なかなか便利。

AirPodsの良くないところ

基本的に大きな不満はないのですが、
後発で既に発売されている
AirPodsProと比べた場合、

  • 防水機能がない
  • アクティブノイズ
    キャンセリング機能がない
  • イヤホンの形状
  • ワイヤレス充電非対応

などの差があります。

防水と、ワイヤレス充電
(個人的には)
特に必要性を感じないので良いのですが、
アクティブノイズキャンセリング機能
=ノイキャンは、
最近発売されたワイヤレスイヤホンには
付いていることの多い機能なので

マイナスかな、と思います。

Pro版の追加要素
アクティブノイズ
キャンセリング
外音などのノイズを消すことで
より深く音の世界に没入できる。

猿太<br>(えんた)

猿太
(えんた)

ないよりあった方が良い。

イヤホンの形状も、
無印AirPodsは
「うどん」と揶揄されるような形状なので
(耳に挿した時の見た目が耳から
うどんが出ているように見える)
それと比べるとAirPodsProの方が
見た目的には良いかな、と思います。

個人差がありますが、
耳の形によっては
激しく動いたりすると
スポ抜けて外れやすいこともある

ようです。
(自分でもちょっとゆるく感じる時はあります)

AirPodsのアクセサリーも出ています。
すり抜け、落下防止に。
また、より深い没入感に。

難点は、
付けたままケースに収納、
充電が出来ないこと。

カバー用のケースもありますが、
カバー用のケースから出して、
それをAirPodsに付けて、
それから耳につける。

ステップが2つ増えて、
少し手軽さが減退します。

僕は買いましたが、
カバーはなくても良いかな、
と少し思っています。

買って良かったAirPods

基本的にApple製品は、
OSのアップデートなどの関係で
最新機種か、
それが発売された後に出る
廉価版機種
が良いと
思うのですが、
AirPodsAirPods Proを比較した場合、
もちろんAirPods Proの方が
優れていることは確かなのですが、
「音」にそこまでのこだわりを
持っていない
自分としては、
Pro版の追加要素、改善要素を
見た時に、
それで背中を押されるほどの
インパクトを感じなかった
ので、
こっちで良いかな、
と思いました。
※サウンド関係素人の感想です。

AirPodsの購入で、
iPhoneMacBook Air
そしてApple Watch
繋がった感じがします。

旧型なので、
既にBluetoothイヤホンを
使っている人には
強くオススメはできませんが、
僕のように
有線のイヤホンしか
使ってこなかった人、

AirPodsProは
価格がちょっと高いよね、
という人にはオススメできる
Bluetoothイヤホンだと思います。

発売から数年が経ち、
上位機種のAirPodsProが
出てからもしばらく経ちますが、
まだまだ現役。

AirPods
なかなか良いですよ!

created by Rinker
¥18,300 (2020/10/31 02:40:58時点 楽天市場調べ-詳細)

宴太

宴太

初心者ブロガー

宴太(えんた)です。
WordPress大好き!
PC大好き!
Apple大好き!
エンタメ大好き!の
初心者ブロガーです。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA