【2020】MacBook Air レビュー【初心者でも使える】

3 min
MacBook Air

定期的に訪れる「新しいPC欲しい病」

猿太(えんた)

猿太(えんた)

去年、ノートPC買ったぞ?

そうなんです。
なので、
我慢して、我慢して、我慢して……

そうだ、
macbookにしよう。

宴太

宴太

そんなわけで、買いましたmacbook air

mac初心者がMacBook Airをレビューする

先輩・元上司がmacbookを使っていて
(もっと高い機種)
その便利さを説明されていたので
随分前から購入は検討していたのですが、
今回、ついに買ってしまいました。

使っていて、
便利に思うところ、
ちょっと不便に思うところ、
メリット・デメリットがあるので
今回も本音でレビューしていきます。

初期設定

macは初心者ですが、
PCは結構長く使っているので、
初期設定なんかは普通にできるよね!

と思って、お店の人に
初期設定しましょうか?(有料)
と言われたのを断って、
自宅で自分で設定しましたが、
設定アシスタントの流れに沿って行けば
PCを使ってる人なら
普通に初期設定は完了できます。

操作性

ノートPCでもそうだったので、
完全に個人の感想ですが、
感圧タッチトラックパッドは
慣れるまでちょっと操作が難しそうです。

ずっとマウスを使っていたので
どうもこの、ノートPC系での操作に
慣れない。

元々使っていたノートPCでも
USBでマウスを繋いで使っていたし、
今回も
USBからマウスを繋いで使っています。

感圧タッチトラックパッドは、
基本的に

  • 指1本操作でカーソルを動かす
  • スクロールや
    上下移動したい時は、
    2本指操作でスワイプする
  • 右クリックするには2本の指で
    感圧パッドをクリック
  • テキストに対して
    強めのクリックをすると
    更に詳しい情報を
    表示することができる
  • Dock
    →システム環境設定
    →トラックパッド
    で、詳しい説明を
    見ることができる

こんな感じです。
初心者は説明書を読まないと
スクロールの仕方、
上下移動の方法が分からなくて困ります。

僕は困りました。

USBポートはType-C

スペック表を見ると
「USB」の文字があリますが、
WindowsPCユーザーは

宴太

宴太

あ、USBポートは2個か。

と、安易に思ってはいけない。

Windows PCユーザーがUSBと聞いて
思い浮かべる形状ではないです。

2015年から登場した形状だそうで、
Macの他では
主にAndroidスマホに
採用されている形式です。

つまり、
コネクタ部分が
Type-C形式ではない周辺機は
MacBook Airには(というかMacには)
挿さりません。

新しく周辺機を追加したい場合は、
コネクタがType-C形式のものを、
既に持っている周辺機器を
使いたいが、
コネクタ部分がType-Cではない場合、
コネクタ部分がType-Cの
USB-HUBを
別途で購入する
必要があります。

現在、ノートPCで使っていた
無線マウスを使っていますが、
USB-HUBに繋いでいます。

このType-Cには

  • 差込口の上下がない
    =差し込むたびに

    確認しなくても良い
  • 転送速度が
    他のUSBタイプよりも速い
  • USB以外の規格で
    対応しなければならなかった
    HDMIなどにも対応している

といった利点もあります。

Touch IDが使える

iPhoneを使っている人には
おなじみのTouch IDですが、
MacBook Airでも使えます。

これ、かなり便利です。

再起動後や、
システム終了後からの立ち上げには
機能しませんが、
スリープ時からの立ち上げの場合、
電源ボタンに、
iPhoneと同じように
登録してある指で触るだけで
スリープ解除ができます。

その他、Apple ID入力の場面などでも
=アプリ購入時などでも
活躍します。

iPhoneでTouch IDを使用する場面を
思い浮かべていただくと、
それがそのままなので
わかりやすいです。

初期アプリがiPhoneと共通のものが多い

MacBook Airでは
(というかおそらくMac全般ですが)
画面下の部分、
Windowsでツールバーに当たる部分が
Dockという
よく使うアプリが表示される場所に
なっているのですが、
そこに表示されている
アプリのアイコンを見ると、
iPhoneユーザーには
見慣れたものばかりが並んでいます。

  • Safari
  • FaceTime
  • メッセージ
  • マップ
  • 写真
  • 連絡先
  • カレンダー
  • リマインダー
  • メモ
  • ミュージック
  • Podcast
  • AppleTV
  • Number
  • App Store
  • システム環境設定

これら「見たことある」アプリは
使い方も大体同じ感じになっています。

MacBook Air、Winユーザーが実際使ってみた感想

キーボードの手触りが心地良いです。

バッテリーの持ち時間も結構長くて、
外出先での使用にも耐えます。
外でノマド的な作業をするにも良いです。

そして、ここが
最も僕の気に入っている部分
(の一つ)なのですが、

iPhoneと連携できます。
Apple Watchを持っていれば
それとも連携できます。

これがどういうことかというと、
iPhoneに保存した写真、画像は
そのままMacBook Airで
使用することができます。

(閲覧、編集、保存など)
そしてMacBook Airで行った作業は
iPhoneでも共有、同期されます。

これは「写真」だけではなく、
メモや書類など、共通する部分は
共有・同期されます。

これ、めっちゃ便利です。

ブログを書くにあたって、
外で思いついたことや、
ちょっとしたことをメモに残しておくと
それをそのまま
MacBook Airでも使えます。

今、記事の下書きをiPhoneでして、
それをそのままMacBook Airから
貼り付けて、
仕上げの編集をしてアップする、
という使い方をしています。

効率がメチャメチャ上がりました。

猿太<br>(えんた)

猿太
(えんた)

(その割に更新が遅い…)

また、iPhoneでSafariを使っている人は
Safariの状態も共有されています。

iPhoneの方で
10個のタブを開いているのなら、
その10個もMacで共有されています。

外出先で良いソフトを見つけて、
ダウンロード画面まで進んだ状態で
帰宅後にMacBookですぐダウンロード、
といったこともできます。

めっちゃ便利です。

iPhoneやApple Watchを使っている方には
オススメです。

宴太

宴太

初心者ブロガー

宴太(えんた)です。
WordPress大好き!
PC大好き!
Apple大好き!
エンタメ大好き!の
初心者ブロガーです。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA